【皮膚専門家】ニキビを治す6分類方法②移動型

【皮膚専門家】ニキビを治す6分類方法②移動型

0

「ニキビの治し方」をシリーズで解説します。今回は額、眉間、背中にできやすく、変化が早い移動型ニキビを解説します。この動画ではタイプ別に6分類し、原因を学び、改善に努めていただければと思います。小学生のニキビ、中学生のニキビ、高校生のニキビ、大人のニキビと歳を重ねるごとに難治性へと移行します。レーザー、潰し、角栓除去、ダーマペンなど外からの刺激、抗生物質などでの殺菌をしても、出てきたものに対しての対策に過ぎません。根本から少しでも早い、正しい改善を目指しましょう。

前回のニキビ動画 「ニキビ全分類のご紹介」

ニキビを治す6分類法 ①盛り盛り型

皮膚病相談はこの動画をご覧ください。
「皮膚相談までの流れ」

「皮膚病ビフォーアフター」

同じような症状や悩みのあるあなた、こつめ先生に気軽にご連絡ください。
こつめ先生に漢方相談を依頼する方は下記のLINE登録からお申し付けください。
オフィシャルLINE→https://lin.ee/d2BqXW6

毎週末動画配信

漢方専門店 お薬本舗モリグチビッグのこつめ先生です。
オンライン相談始めました。zoom、LINE、messengerで対応いたします。

★これから漢方治療を考えている人が見る動画

★お店についてもっと詳しくアメブロ
https://profile.ameba.jp/ameba/kotume-whisky49

★Twitter
https://mobile.twitter.com/kotume_big
★Facebook
https://www.facebook.com/kotumesensei

お薬本舗 モリグチビッグ
電話番号06-6992-0933
大阪府守口市八雲西町4丁目1-18
漢方エキスパート こつめ先生
日本薬局製剤研究会専任講師
jps漢方会員
FMラジオハナコ「イキイキワクワク健康相談室」パーソナリティ

漢方薬は、葛根湯ぐらいしか扱ってなかったが、ある大きな出来事で方向性が変わる。
あるとき妻が風邪を引き咳がひどかったので、咳止めシロップを持ち帰り服用させるが一向に止まらない。病院へ行き、気管支拡張剤などを処方され服用するが止まらない。
すでに1週間が経過し、眠れないほどひどくなる。
当店に出入りしている漢方メーカーのセールスが来たので妻の咳のことを話したところ、麦門冬湯という漢方薬をすすめられ、藁をも掴む思いで飲ませたところ、ピタッと咳は止まりました。
このことがきっかけで漢方の奥深さに魅了され、寝る時間も惜しんで勉強に明け暮れました。
その甲斐もあり、今では漢方を志す若手先生の講師を任されるようになりました。

漢方に関しての取材はこちらへどうぞ
moriguchibig@gmail.com

#ニキビ #治し方 #ニキビ写真 #jps漢方 #日本薬局製剤研究会 #こつめ先生 #お薬本舗モリグチビッグ #こつめ先生の漢方暦 #漢方薬 #大阪 #守口市 #原因

ニキビカテゴリの最新記事